海外初展開!and factoryと白泉社が協業する「マンガPark」がアフリカ市場に進出。

2019-01-18
2019-01-18

海外初展開!and factoryと白泉社が協業する「マンガPark」がアフリカ市場に進出。

~「Manga Park W」としてAndroidアプリ配信開始~

and factory株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:小原崇幹、証券コード:7035、以下and factory)は、株式会社白泉社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鳥嶋和彦、以下白泉社)と共同で開発・運用している総合エンタメアプリ「マンガPark」のアフリカ版であるAndroidアプリ「Manga Park W」が配信開始したことをお知らせいたします。

「マンガPark」は白泉社が発行するマンガ雑誌で掲載された人気作品やオリジナル作品を楽しめるアプリです。日本国内では10代~20代をメインに堅調にユーザー数を増やしています。この度、アフリカ市場において海賊版コンテンツの流通を未然に防ぎ、日本のマンガ文化を楽しんでもらうため、「マンガPark」のアフリカ版「Manga Park W」をリリースいたしました。初期配信国はケニア共和国とナイジェリア連邦共和国の2か国で、今後はアフリカの他の国でも配信予定です。

・リリース時に配信するのは、日本のみならず海外でも超人気の 7 作品!

リリース時は国内累計8,000万部、海外累計600万部超の超人気7作品を配信。作品は今後も続々追加予定です。

Vampire Knight(ヴァンパイア騎士)/ Ouran High School Host Club(桜蘭高校ホスト部)/ BERSERK (ベルセルク)/ Hana-Kimi(花ざかりの君たちへ)/Yona of the Dawn(暁のヨナ)/ Maid-sama!(会長はメイ ド様!)/ Detroit Metal City(デトロイト・メタル・シティ)

<アプリ概要>

アプリ名:Manga Park W
価格:無料(アプリ内課金あり)
利用環境:スマートフォン
対応 OS: Android™ 4.4 以降

・日本のマンガコンテンツについて

政府の「クールジャパン」政策の後押しもあり、日本のマンガコンテンツの海外での2016年売上は14億USドル
※規模に成長しています。経済産業省では正規版コンテンツの海外同時展開を支援しています。
※Roland Berger 調査(2017)

・アフリカのモバイル市場の急速な拡大について

2015年時点で12億弱だったアフリカ地域の人口は2050年には約25億人と、倍以上に増加すると見込まれています。またモバイルデバイスの普及も急速に広まっており2015年には人口の46%にあたる約6億人が携帯電話を利用。今後も利用者が増加し、2020年までにアフリカ全体で約7億人、人口の54%に達すると予想されています。

SHARE