未来の家プロジェクト

and factory株式会社は、横浜市、株式会社NTTドコモと共同で、「I・TOP横浜」内のプロジェクトとして、IoTと人工知能(AI)を通じて、高齢者の見守りや快適で健康的な暮らしを実現するためのプロジェクト「未来の家プロジェクト」を開始しました。

未来の家プロジェクトは、IoT機器やセンサーなどを設置したIoTスマートホームを用いて居住者のリラックス度や活動量など様々な生活状態を収集・可視化。将来的には、AIを通じて居住者の状態に合わせて気づきを与え、快適な室内環境へ自動調節する未来の家の実現を目指します。

and factoryは本プロジェクトにおいて、日本初のスマートホステル「&AND HOSTEL」のプロデュース経験とプラットフォームアプリ「&IoT」の開発実績を活かし、IoTスマートホームの居住者のユーザー体験設計と、居住者に便利に快適に生活してもらうためのUI設計、アプリ開発を行っております。

また、今後協業する企業様との事業検討、企画を行い、実証実験から事業化を推進し、IoTスマートホームを普及させていく役割を担っていきます。

IoTスマートホームでの生活イメージ例

・自分の睡眠状況が可視化

ベッドに設置されているセンサーで、睡眠時間、途中の覚醒回数、睡眠時の活動量などが計測され、睡眠の質をチェック

・朝起きて洗面台へ

前日分の体重、摂取カロリー・消費カロリー、睡眠データと、洗面台の前に埋め込まれた体重計に乗ると現在の体重がリアルタイムにスマートミラーに表示

・ダイニングテーブルで食事

食事するテーブルの上にスマートフォンを置き、食事を撮影。撮影された食事データが自動解析され、メニューを特定し、摂取カロリーや栄養素をアプリに表示

・リビングスペースでリラックス

ソファーに座っているとその時のストレス状態を計測。また、アプリからリモコン操作でTVのチャンネルを変え、エアコンの温度も調整。気分に合わせて照明を好きな色に調光してリラックス空間を演出

※1 「I・TOP横浜」とは、横浜市が2017年4月に立ち上げた横浜経済の強みである「ものづくり・IT産業の集積」を活かし、IoT等を活用したビジネス創出に向けた交流・連携、プロジェクト推進、人材育成等の場となる「IoTオープンイノベーション・パートナーズ(I・TOP横浜)」のことです。

※2 「IoTスマートホーム」はNTTドコモの商標です。
※3 「&AND HOSTEL」はand factory株式会社の商標または登録商標です。

and factory株式会社
東京都目黒区青葉台3-6-28 住友不動産青葉台タワー1F

お問い合わせはこちらから。
お気軽にご連絡ください。